広島で遺言・納税資金・争続対策・不動産・保険・金融・葬儀などでお困りなら、エフアイ法務行政書士事務所へご相談ください。

〒730-0015 広島市中区橋本町8-17-201 松屋ビル2階

お気軽にお問合せください

082-225-8501

アクセス

JR広島駅より徒歩約10分
RCC文化センターすぐそば
徒歩約1分

遺言に関するQ&A

  • 遺言は誰でもできるのですか ?
  • 遺言書の検認とは何でしょうか?
  • ビデオや録音の遺言は有効ですか?
  • 署名押印のない遺言書がでてきたが・・・・
  • 複数の遺言書が出てきましたが・・・・
  • 父の死後、家で遺産の整理をしていたら、遺言書が見つかりましたがどうすれば良いのですか?

遺言は誰でもできるのですか

遺言は誰でもできるのですか

遺言は15歳に達した者であれば遺言をすることができます。

但し、成年被後見人は、事理を弁識する能力を回復した時において遺言するには、医師2人以上の立会いがなければなりません。

遺言書が見つかったら検認が必要といわれましたが、いったい検認とはどんな手続でしょうか?

公正証書遺言の以外は、家庭裁判所で検認手続をする必要があります。

検認手続とは、家庭裁判所によって遺言そのものを検証する手続きのことで、その遺言書が法律上、遺言の方式にそって作成されているか、本人が作成したものかを確認する検証手続です。これにより、あとから偽造されたり変造されたりすることを防ぐ意味もあります。その遺言の有効性や内容の正否を判断するものではありません。

遺言書が封印してある状況で見つけた場合は、勝手に開けることはいけません。家庭裁判所で開封することになります。

この検認手続を怠ると過料の処分を受けますが、遺言が無効になることはありません。ただ、検認手続がないと相続手続で遺言書では不動産の移転登記ができないなどの不都合が生じることもあります。

ビデオや録音の遺言は有効ですか?

ビデオや録音の遺言は有効ですか?

民法上、遺言とは認められません。

民法に定める遺言の方式でなければなりません。遺言内容に不明な点があったりした場合などに確認することができるかもしれません。

しかしながら、遺言として認められなくても、自分の想いや家訓などを残された家族に伝えるためには良いかもしれません。また、相続人間で故人の意思を尊重した遺産分割をしてくれるかもしれません。

署名押印のない遺言書がでてきたが・・・・

遺言書は、署名押印がないと無効です。

但し、判例では、遺言書に押印がなくても、遺言書の入った封筒に署名押印があれば有効としたものもあります。

だからといって、遺言書に署名押印をしないのは、後日のトラブルのもとですから、様式にそって署名押印しましょう。
なお、公正証書遺言も署名押印がないと無効ですが、公証人の下に作成されていますから、まず、署名押印がないことはないでしょう。

複数の遺言書が出てきましたが

複数の遺言書が出てきましたがどうなりますか?

後から書かれた遺言(日付の新しい遺言)が有効です。

遺言書が複数出てきた場合は、遺言書の内容が矛盾する部分がある場合は、その矛盾する部分については、後から書かれた遺言(日付の新しい遺言)が有効です。たとえ、前に公正証書遺言で書かれてあったとしても、日付の新しい自筆証書遺言の方が有効です。

前に書いた遺言と後に書かれた遺言の内容が矛盾しない場合は、どちらも有効になります。
ただ、複数見つかった場合にどれが本当に有効なのか争いになることもあります。ですから、遺言は複数にせずに1通の遺言書にしましょう。遺言書を書き直す場合には、前の遺言書は破棄したほうが相続が起こったときに混乱がなくなるでしょう。
(ただし、公正証書遺言の場合は、手元の正本を破棄しても、原本が公証人役場に保管されていますので、取り消したことにはなりません。)

父の死後、家で遺産の整理をしていたら、
遺言書が見つかりましたがどうすれば良いのですか?

父の死後、家で遺産の整理をしていたら、遺言書が見つかりましたがどうすれば良いのですか?

遺言書が公正証書遺言とそれ以外の遺言書ではその後の手続きが異なります。

公正証書遺言以外の遺言書の場合は、家庭裁判所の検認の手続きが必要です。
検認とは、家庭裁判所が遺言書の中身を確認して、偽造・変造を防止し、保存を確実にするための手続きです。

検認を受けないで、封印のある遺言書を開封したり(封印のない遺言書は開封しても良い)、遺言を執行したりすると、5万円以下の過料を取られることになっています。検認を怠ったからといって遺言が無効になるわけではありません。

また、検認は、遺言書の有効性を判断するわけではありませんので、遺言の方式やルールを守らないような無効な遺言が検認によって有効となるわけではありません。

検認を受けていない遺言書(検認済証明書がない遺言書)では、不動産の名義変更や預金の名義変更の手続きができませんので、めんどうでもこの検認の手続きは省略できません。なお、公正証書遺言では、不要です。

相続無料相談実施中(初回相談無料)

遺言、相続手続き、相続対策など相続に関するご不明な点やお悩みなどございましたら、お電話またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください

当事務所では、

  • 相続手続
  • 遺言書作成支援
  • 名義変更
  • 相続の事前対策

などのご相談に誠実に対応致します。
お気軽にお問合せ下さい。初回相談は無料です。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:9:00~20:00
​担当:円満相続アドバイザー&行政書士 今井利行

※相続税に関するご相談や申告についても提携の税理士がご相談に対応します。
また、提携の弁護士、司法書士、土地家屋調査士などの専門家もご紹介いたします。
※内容によっては、お答えできない場合があります。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ

082-225-8501

082-225-8502

受付時間:9:00~20:00

お気軽にお問合せください。

無料相談予約受付中!

初回相談は無料です。相続手続、遺言書作成支援、名義変更、相続の事前対策などのご相談に誠実に対応致します。

ご相談日は、当方の時間の都合がつけば、土日祭日夜間でも対応可能です。

ご連絡先はこちら

エフアイ
法務行政書士事務所

082-225-8501

082-225-8502

〒730-0015
広島市中区橋本町8-17-201松屋ビル2階

代表:円満相続アドバイザー
行政書士 今井利行

代表ごあいさつはこちら

事務所概要はこちら